学校の沿革

明治6年10月5日
(西暦1873年)
「宝珠院」を仮の校舎として、「広教舎」という名前の学校をつくった。
明治8年10月 「広教舎」を今の広沢町6丁目の東方寺に移して本校とし(東校)、他に2つの分校をつくった。
明治13年7月 分校2つを合わせて、西学校とした。
明治17年6月 東西の学校を合わせて、広沢小学校とし、宝珠院を仮校舎とした。
明治18年11月
東沢寺のところにあった教場を合併して、「広沢尋常小学校」という名前にした。
明治22年10月 別のところに新しい校舎を建てた。
明治35年4月 尋常小学校を出た後に行ける「高等小学校」を一緒において、「広沢尋常高等小学校」という名前にした。
<大正のころ 新しく変えられたことは、ほとんどなかった。>
昭和11年11月 今の場所に新しい校舎を立てて移った。校地はとても広く、3万平方メ−トル以上もあった。
昭和12年4月 広沢村が桐生市に合併して広沢町になり、学校の名前が「桐生市広沢尋常高等小学校」となった。
昭和16年4月 「桐生市広沢国民学校」という名前になった。
昭和22年4月 今の「桐生市立広沢小学校」という名前になった。
昭和25年7月 校地を分けて、南側に広沢中学校をつくった。
昭和29年8月 25メ−トル、6コ−スのプ−ルができた。
昭和32年4月 桐生市立桜木小学校ができ、広沢町1、2丁目の子供たちが別れることになった。
昭和39年7月 校歌が作られた。
昭和48年8月 今の鉄筋コンクリ−トの校舎と体育館ができた。
昭和54年4月 桐生市立神明小学校ができ、広沢町3丁目の一部の子供たちが別れることになった。
昭和55年4月 文部省と桐生市教育委員会から「むし歯予防推進指定校」の指定を受けた。
昭和56年11月 「むし歯予防推進指定校」の公開研究会を行った。
昭和56、57年 群馬県健康優良学校として、表彰された。
昭和60年8月 硬質ゴムだった体育館の床を木に改修した。
昭和62年秋 郷土資料室を設けた。体育館北側に、「広心庭」が作られた。
昭和63年1〜3月 校庭を改修した。
昭和63年4月 桐生市教育委員会から「国際理解教育実践推進校」の指定を受けた。
平成元年11月 「国際理解教育実践推進校」の公開発表を行った。
平成3年 「築山岩石園」が整備された。
平成4、5年 油絵、日本画が寄贈され、学校美術館が設置された。
平成7年2月 6年生児童奉仕活動により、「水生公園」が整備された。
平成8年10月 校庭遊具が整備された。
平成9年8月 放課後児童会室「なかよしクラブ」が、校舎内に設置された。
平成10年8月 コンピュ−タ室が設置された。
平成12年4月 算数のティーム・ティーチング授業を始めた。(4年生、後に3年生も)
平成13年5月 朝の読書を始めた。
平成14年4月 小学校国際理解教育協力補助員が配置され、英会話に親しむ授業が行われることになった。
平成15年4月 第21期社会福祉協力校(〜平成17年度)となった。
平成16年4月 国語・算数で、きめ細やかな指導を開始した。
平成17年11月 桐生ライオンズクラブより防犯カメラ寄贈、設置した。
平成18年4月 県教育委員会指定により平成18・19年「健康教育総合推進事業」の実践研究を行った。
平成19年11月 県教育委員会指定 広沢地区「健康教育総合推進事業」研究発表を行った。
平成20年7月 耐震改修工事及び大規模改修工事開始(〜平成21年3月)
平成20年11月 県教育委員会より健康推進学校の優秀校として表彰される。
平成21年2月 各教室に、加湿器を設置した。
平成21年4月 1・2年生30人学級、3・4年生35人学級を開始した。
平成21年5月 自動体外式除細動器(AED)を設置した。
平成21年7月 携帯メールネットワークの構築、及び運用を開始した。
平成22年1月 築山の整備を行った。
平成22年3月 コンピュータLANを設置した。各教室にデジタルテレビを設置した。